農林水産省での花セラピーアレンジレポート

 

2015年3月2日 当協議会代表 青山克子が
農林水産省玄関に花セラピーアレンジを生けました。

 

農林水産省Webサイトに掲載されています。
こちらをクリック!

以下、作品制作過程をレポートします。

今回のテーマは、
「アクティブ・元気になれる花」
~花セラピスト2級テキストより~

 

花材、産地
ガーベラ(黄色) 静岡県
心のストレスを解放できる花

バラ(黄色) 群馬県
頭がスッキリして集中できる花

千日紅(赤) 宮崎県
自己主張できるようになる花

デルフィニュウム(青) 愛知県
感情を深く癒す花

レザーファン ガテマラ産

これらの花で生けてみたいと思います!

ベースは「ハートオアシス」を使いました。

 

心(ハート)を癒す、心の癒しを映し出すなどなど
ハートオアシスは花セラピーと相性がピッタリです。

花セラピーでは、ハートオアシスを使用しなければ
ならない訳ではありませんが、形が可愛くて使い勝手が
いいので、花セラピストには大人気です。

さてお花は、アクティブ・元気になれる効果の高い花から
生けてゆきます。

 

ガーベラ

バラ

千日紅

これらの花、それぞれのグラフを重ね合わせると
綺麗な5角形になります。

これが、花セラピストの花選びに必要なスキルです。

 

アクティブ・元気になれる花々は
作品の向かって右上の空間(目標・ゴールの位置)
が強調されるように挿すと、更に効果を発揮します。

今回は農水省の玄関に飾る花として豪華な雰囲気を
出したいと思いバラを高く生け、ガーベラはバラの
黄色を強調するように入れてみました。

千日紅は、右上の空間を強調する黄色の花々を
更に強調するよう右(社会・外の意味の位置)に
生け、外の世界へ前向きな気持ちが発揮されるよう
に生けました。

次に生ける花は
デルフィニュウム

効果は、感情を深く癒す花
アクティブな行動力と気持ちの落ち着きの
バランスを補うための役割として生けます。

 

はい!だんだん出来上ってきました。

ここにお花を綺麗に引き立たせてくれる
グリーンをあしらって

 

完成!!

 

花の効果や産地を書いた展示物を飾って
農林水産省玄関前の花セラピーアレンジ終了!

国際花と緑のセラピー協議会の理念
『花と緑で日本を元気に!そして、世界へ発信』

お花の心に与えるパワーと世界最高水準の日本産の
花の素晴らしさを伝えたい。

国際花と緑のセラピー協議会は
農林水産省が推進する国産花き振興と
花と緑による心のストレス解消の活用、研究を
応援します!!

関連記事

  1. 農林水産省への花セラピー「絆を深める花セラピー」

  2. 農林水産省への花セラピー

  3. 農振水産省への花セラピー コミュニケーション力を高める

  4. 農林水産省×国際花と緑のセラピー協議会

  5. 農林水産省×国際花と緑のセラピー協議会

  6. 農林水産省玄関への花セラピー