2014年の一文字漢字

 

2014年も今日で終わります。

 

今年もお世話になり

ありがとうございました。


2014年9月 宮城県石巻市北上川付近の献花台にて

2011年3月10日に

一般財団法人

国際花と緑のセラピー協議会を

立ち上げてから

 

毎年、その年にぴったりだと思う漢字を

一文字挙げてきております。

 

2011年は「創」

2012年は「挑」

2013年は「動」

 

そして、2014年は「深」

一文字とします。

 

2014年は、

「花とは、人とは、何ぞや」

という深い深い「問い」と常に向き合う

1年

 

今年の春から花業界の新聞に

5回掲載していただき

 

協議会の花セラピーの特長である

花の心理反応のチャートについては

新聞の一面にカラーで掲載されました。

 

いけばなの団体、花の生産農家さん

からもセミナーのオファーをいただき

 

石巻支援や私の仕事のスタイルへの

メディア協力もさせていただきました。

 

財団を立ち上げ(2011年)、壁を越え(2012年)、

各方面にとにかく動いてきた(2013年)

 

今年も駆け抜けてきました。

 

が、今年は、一昨年、昨年よりも1つ1つの

出来事に深く向きあう、向き合う必要のある

ことばかりで

 

勢い、パワー、可能性を広げると同時に

己の根底からのスタミナも問われることが

多々ある1年だったように思います。

 

その3年余りの年月を更に確かなものに

するために

すべてを深く深く観る必要があった1年

 

今年も無事に任務を終えることが

できた充実感でいっぱいです。

 

これも、皆さまのお陰さまです。

 

本当にありがとうございました。

 

来年も、どうぞよろしくお願いします。

 

一般財団法人

国際花と緑のセラピー協議会

代表理事 青山克子

関連記事

  1. あなたの笑顔が

  2. ブログスタートします!

  3. 今年の一文字漢字は?

  4. 続・青山克子物語り 第2話 花心理のグラフ誕生秘話

  5. 謹賀新年

  6. 働く人の応援サイトに代表青山克子がプロコメンテーターとして解…