輝く!花セラピスト ~ 活躍する花セラピスト紹介 ~

輝く!花セラピスト
~ 活躍する花セラピスト紹介 ~

花セラピストの資格を取得して「夢を叶えた花セラピスト」がたくさん誕生しています。各分野ごとに花セラピストが活躍する姿や熱い想いをご紹介いたします。

教育

花セラピストインストラクター
森島 和美さん

『命への感謝の気持ちを子ども達に伝えています』
私は11年前に花セラピストインストラクターになってから花セラピストの育成とともに農林水産省推進事業、「花育・花セラピー」の授業を大阪・京都の幼稚園、保育園、こども園、小、中、高の学校にて行っています。花セラピストになられた方には「花育・花セラピー」のアシスタントとして活動していただけるようサポートしています。実際に生徒達と関わる事で気づきや学びを深め、この体験を生かして様々なイベントに参加し、ご自身のスキルUPに繋げていただけるよう寄り添っています。私が花セラピストの役割として大切だと思う事は『子ども達の笑顔作り』です。これは、「花育・花セラピー」の現場で子ども達から気づかされた事でした。この2年は、コロナ禍で大人達も生きづらさを感じる中、子ども達の花セラピーアレンジにも変化があり、閉塞感が感じられました。私達花セラピストも感染症対策を充分に行いながら、花にふれる機会を精一杯継続しました。子ども達の花セラピーの中に生まれるそれぞれのストーリーに寄り添うように関わり続けました。すると、コロナ禍であっても、子ども達がみるみる元気に笑顔になってゆくのです さらに、子ども達が花セラピーアレンジを持ち帰ると、保護者の方とのコミュニケーション作りのきっかけにもなり、花で笑顔の輪が次々と生まれたのです。花セラピーは、命を次世代へ繋ぐ学びだと私は思います。花セラピーは生花を使う為、つぼみから咲いて、枯れてゆく姿を見て『お花へのありがとう!!』の命への感謝の気持ちを子ども達に伝えています。具体的には、毎年、大阪教育大学付属池田小学校で行われる「祈りと誓いの集い」献花のアレンジを花セラピーで行い、命の尊さについて深く感じ、とても大切な日になっています。最後に、花セラピスト自身が楽しみ、笑顔でいる事が何より大切です。私はカウンセラーでもあるので、花セラピーの中で人が変化し、笑顔になっていく姿を見て、これからの時代にますます必要な花セラピストの役割をとても感じます。これからも、笑顔で花セラピーを拡げてまいります。

医療・福祉

起業・開業

花セラピストインストラクター
齊藤 佳代さん

『私にしかできない花屋は花セラピストになったからこそ実現しました 』
以前、地元にある老舗の花屋に勤務していた際、一つ一つのオーダーにじっくり取り組む余裕のない場合も多く、花セラピストとして作りたい花がアレンジ出来る時ばかりではありませんでした。また常にストックが必要で、廃棄する花が多いことにも心を痛めていました。私が開業した『店舗のない花屋』では、基本的にご予約頂いてから必要な花材を仕入れます。通常の花束やアレンジメントのオーダー受注の他に、企業や飲食店への定期装花、そして個人のお客様ために「お花のサブスク」を直接お届けしています。花をアレンジして終わり、配達して終わり、というのではなく、花のある生活シーンを提案出来るような、普通の人のための普通の生活を彩れるような仕事をしたいというのが、今も昔も変わらない思いです。花セラピストになってよかったこと
花屋勤務と並行して資格を取得しましたが、花セラピストになっていなかったら、独立して店舗のない花屋をやろうとは思わなかったはず。花屋は数多くありフローリストも星の数ほど存在しますが、自分にしか出来ない花屋業は花セラピストだからこそです。人に寄り添いながらじっくり生けた花には心が宿り、様々な花たちからのメッセージを受け取りながら調和を考えることは、自分自身の心も豊かになることを実感しています。花セラピストはあくまで一般論や可能性をもとにお花の提案をし、花贈りや自分癒しのお手伝いをしますが、感じる事も気付く事も人それぞれ。その方ならではの「花セラピー」が存在するのを目の当たりにするにつけ、意図しないところにも可能性は無限にあると感じています。

花セラピストインストラクター
本田 まゆみさん

『喜びを伝えることで仕事に繫がりました』
私は、花セラピストインストラクターの資格を手にできた喜びと「自分自身が花に癒された体験」を取引先で話したことが仕事のご依頼をいただく切っ掛けになりました。花セラピーを五感を開いて体験できる楽しさや自分自身が癒やされていく実感、新しい自分を発見する驚きについて話すうちに「花セラピーを弊社でやっていただけませんか?」と嬉しいご依頼いただいたのです。それから、3〜4ヶ月毎にワークショップを開催させて頂き、他の取引先の方にもご参加いただき花セラピーの輪が拡がってゆきました。その時に、皆さんから「気分がスッキリした」「え 花でそんな事がわかるんですか 」と驚きの声をたくさんいただき、時には感動で涙ぐまれる方もいらっしゃいました。今現在、コロナ禍にて人が集まる講座を開くのは難しい状況ではありますが、花セラピーアレンジメントのご注文を頂くなど花セラピーの繋がりは継続中です。おかげさまで、今ではカルチャークラブにて花セラピーの講師のお仕事も順調にさせて頂いています。『資格を取得してよかったこと』
私は元看護師であり、心のケアの学びは積極的に取り組んできました。心と身体が健康である事が人生を楽しめる要件だと私は思っています。その心のケアをお花を通して出来ることに生きがいややり甲斐を感じています。自分自身を役立てることや自分自身の為のツールとして花セラピーがある事に感謝しています。コロナ禍になってマンスリー花セラピー(月1継続受講する花セラピー)を1年半継続された方が、また更に継続を希望してくださり、また新しい資格であるフラワーケアコンサルタント(ストレスチェック&花セラピー体験)の個人セッションも半年毎の継続を頂いたりしています。私はこのようなご依頼を嬉しく思うと共に自分磨きも継続して行こうと思っています。人と人がリアルでもリモートでも繋がっていることができることに感謝です。これからも、スキルアップと人間力アップを心がけて成長していきたいと思います。

自己成長

花セラピストインストラクター
野上 美香さん

『学びはじめは、花セラピスト活動しようとは考えていませんでした』
私は生け花を長く習っていましたので、花には何か力があると感じていました。ただ「私には花を上手く生ける才能は無い」と思っており、花セラピスト講座は、誰より自分自身が癒されたいと思っての受講でした。正直、はじめは花セラピストインストラクターとしての活動はあまり考えていませんでした。花セラピーは、花を上手く生けるのではなく、心のままに生ける、一人一人の個性でみんな違って良いと教えていただので、花を生ける事に自信の無かった私に希望を与えてくれました。しかも驚いたことに、何の講師経験の無い私がたくさんの方に花セラピスト講座で教えることが出来たのです!学校、大手企業、そして最近では少年院での花セラピーが出来て講師として、そして何より、自分自身の心の成長が出来ることにとても感謝しています。花セラピストとしての楽しさや喜びは、暗い顔をして来られた方が、体験後、「やっぱり私は○○○(前向きな言葉)なんですね〜!」と気付きみるみる笑顔に変わる、心のモヤモヤがスッキリしてお顔がイキイキする。花を通して、皆さんの前向きな心の動きを一緒に喜べることが、私はとても楽しいです。心のありのままを受け入れられるお手伝いが出来る花セラピストでいることが、私はとても嬉しくて楽しいです。私は、これからも花セラピーの時間をたくさんたくさん作って行きたいです

花セラピストインストラクター
川見 紀子さん

『花の知識や技術はいりません。大切なのは人に寄り添う気持ち、花を見て、触れて、感じる心です』
2011年のある日。この青山理事長のことばが、フラワーアレンジもしたことがない、花の名前も知らない私を花セラピストへと導いてくれました。花セラピーのルールは、ルールが無いことがルール。「~ねばならない」「~べき」から解放される心地よさは、花を生けることだけではなく、毎日の過ごし方においても、すっと自分の中に入り込み、私の人生を変えてくれたと感じています。「私は私、それでいい!それがいいんだ!」と。花セラピストインストラクターの資格を得てからは、花セラピー体験会や花のイベントなどで花セラピーを伝え、花セラピストの資格認定講座にも関わらせていただいています。涙を溜めながら話した後に、自分の生けた花を見て「あれ?私、わりと満足してるのかも~幸せかもね~」と笑った人。大きくて華やかな花は怖いと言って避けていたのに、何回目かには大きなダリアを真ん中に生けて「そんなに頑張らなくっていいって思ったら、楽しくなっちゃって」と微笑んだ人。人が花に癒される時、少し変わろうとする時、その場にいられることが本当に嬉しいです。私にとって花セラピストとは、花セラピーを通して「人と花に寄り添うことのできる心」「自分や人の素直な感情をそのままに受けとることができる心」「人を信頼、尊重し合う心」を育むことができる資格だと思っています。花セラピーを学んでよかった、、、今日も花を飾りましょう 花が場を輝かせ、場が花を輝かせます。そして、その空間で人はもっともっと輝けるから

コラボレーション

グローバル

花セラピスト1級
米田 優美さん

『みんな違ってそれで良いが花セラピーの魅力です!』
花セラピストになるまで、私は10年以上ドバイで客室乗務員(CA)として働いてきました。CAになったのは、人が好きで、世界中の色々な価値観や考え方に触れたかったから、そして沢山の人に寄り添い、役に立つことをしたかったからです。

花セラピーで大切にされていることのひとつに、
「みんな違ってそれで良い」というものがあります。海外で多種多様な人々に囲まれてきた経験から実感したのは、まさにそれでした。この世界に同じ人なんて1人も居ない。人は皆それぞれに素晴らしい。そう強く思います。
多様性を認めながら、人の心に安らぎを与えるお手伝いをしたい。花セラピーは私の意志、まさにそのものだったのです。

また、生け花で生きたお花に触れてきた私は、生花と造花に大きな違いがあるのを実感していました。花セラピーが「生花」にこだわる点、日本だけでなく世界にも目を向けている点にも魅力を感じ、花セラピーに引きつけられました。これからも、花セラピーでたくさんの人の笑顔つくりのお手伝いをさせていただきます。