全国7都市 緊急事態宣言を受けて「Zoom講座募集開始について」

緊急事態宣言を受けて「Zoom講座募集開始について」


理事長 青山克子メッセージ 動画(約7分)はこちら

メッセージ全文
2020年4月7日 安倍総理大臣より全国7都市に対して緊急事態宣言が発出されました。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡の皆さま、またこれらの都市のみならず、今や日本全土に緊迫感が走り、先行きのご不安を感じていらっしゃる方がほとんどではないかと思います。

ご自宅での自粛、在宅ワーク等が呼びかけられておりますが、生活必需品は問題なく手に入る状況とはいえ、家の中で制限される毎日、また気がねなく会って楽しめる人たちとも自由に会うことが叶わない日々を約1か月も過ごさなければならないことは大変なことです。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、心のあり方が身体の状態に影響することは今や当たり前に言われるようになってきました。そしてこれは、今、高めなければならない免疫力にも影響を与えるといわれています。
ここに花セラピーは効果を発揮すると考えます。

国際花と緑のセラピー協議会の花セラピーとは、花と人、人と人とがふれあい、そこに癒しの場が生まれ、気づきや成長が起きるという考え方を中心に生花でのセラピー及び花セラピストの育成を行ってまいりました。

しかし、オンライン化が加速的に進む時代の流れや、アメリカをはじめとする海外の方々からも求められる花セラピーになってきたこと、また何よりもこの度の新型コロナウィルス感染の影響による様々な社会情勢を鑑み、この度、Zoomでの花セラピー体験及び花セラピスト講座の配信をはじめることにいたしました。

しかしながら、今後の状況も冷静に観て、リアルに先生と受講者が触れ合う講座にも状況により行ってゆきます。また、リアル講座もZoom講座にもどちらも花セラピーの良さが活かせると思っております。例えば、Zoom講座には自宅から移動しなくても受講できる便利さがあります。また、ご自宅というリラックスした空間で花セラピーによる花の癒し効果をより感じ、相乗効果が生まれるともいえると思います。

ただし、このような便利さや合理的な側面のみに焦点を当てず、時代の流れを鑑みながらも花セラピーを求めてくださる方々の目線に合わせて、お選びいただけるよう、常に何が大切なのか?を、随時学びながら私たちは花の癒しをご提供してまいります。

どうぞ、当協議会のWebサイトより花セラピーとは?、またZoomでの花セラピーのメリット等をお読みいただき、ご確認いただければと思います。

当協議会のZoomでの花セラピー体験及び花セラピスト講座は、講師の先生も受講者も両方とも花を用意して体験や講座を進めることを基本といたします。よって現在の受講料から花代を差し引いた金額でZoomの受講者の方にはご案内となります。Zoomでの講座を開く場合は花セラピストの先生もお花をご用意いただくことになり、場所代や移動の交通費が掛からない分、リアルより若干割引料金となっています。受講料の詳細は、協議会HPから必ずご確認するようにしてください。

Zoomという機能は、比較的分かりやすく、使いやすいアプリですが、体験会や講座を主催してご満足いただける内容をご提供する場合は、協議会が推奨している花セラピストのためのZoom講座をご受講の上、担当することを強くお勧めいたします。

今、これまでにない難局が目の前にあるということは、同時に歴史的な瞬間に生きているとも考えられ、今、私たちは歴史になかったことに挑むメンタリティとストレスに打ち勝つ心の強さを持ってゆかなければならない状況に直面しています。

ご自身のために、また大切な人のために、こころ豊かに、明るく元気にお過ごしいただき、これからも花セラピーをお役立ていただけましたら幸いです。

最後までお聞きいただき、ありがとうございました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

ありがとうございました。

令和2年 4月 8日
一般財団法人
国際花と緑のセラピー協議会
理事長 青山克子