花セラピスト検定3級について

花セラピスト検定3級とは
花の心理学である花セラピーとは何か?について知り、心を癒す生花の活用法について実践できる癒しの学びとスキルを検定試験として実施するもの。

花セラピスト検定3級で得られるもの
検定試験に合格し、所定の手続きを経ることで「花セラピスト3級」として公に名乗ることができます。希望者には合格証が発行されます。ただし、花セラピスト3級の名称を使用して、有償・無償にかかわらず、花セラピー個人セッションや花セラピー体験会などの講座を開催することはできません。これらの講座を開催する場合は、一般財団法人国際花と緑のセラピー協議会が主催する各花セラピストコースを受講し、同協議会の認定を受ける必要があります。

受講資格
花や花の癒し効果に興味のある方であれば、どなたでも受験できます。

受験料 5,000円(税別)

受験方法 インターネットによる受験となります。(2017.7.1 より開始予定)

試験時間 30分

出題 50問(7割正解で合格)

花セラピスト3級として出来ること
1.花の心理効果を知って花屋さんでお花を選ぶことが出来るようになる。
2.花セラピーの考え方から花を自宅に花を飾り、ご自身やご家族に花のパワーを活用できるようになる。
3.花セラピーをプレゼントしたいお相手の心に響く花束やアレンジメントを選べるようになる。
4.「花セラピスト3級」と名刺などに表記し、すでにお持ちのお花や癒し系の資格の中に加えることで他との差別化が図れる。

以上

一般財団法人
国際花と緑のセラピー協議会